稀少(?!)な胡麻の豆柴ダニエルの、「やるんかい、こら!」人生(もとい犬生)と私とのワンコなライフは続きます。
http://gomadanny.blog63.fc2.com/
admin
 

WELCOME!

プロフィール

cfoster

Author:cfoster
Daniel (Danny) ダニエル 
血統書名: 登龍号 アキ護摩荘 JP
毛色/性別:胡麻 ♂の柴(豆柴らしい)です
*2003年8月1日生まれ 5頭(♀3頭、♂2頭)生まれた1頭だよん。

性格: 気が荒いがいたって恐がり。人見知り激しく、他のワンコよりその飼い主さん(女性)に興味大。未だにメスワンコには近寄れず、いいよってくるセクシーワンコにおののく毎日。。

父:龍瞳号 HM ハッピームーン JP
母:秋姫号 薩摩福田荘

*ダニエルの名前の由来: 旧約聖書の『ダニエル書』に登場するユダヤ人男性から(紀元前6世紀ごろ)。バビロンの王が、王族と貴族の中から容姿端麗、才能、知恵、知識に卓越した才能をもつ者を選び出して宮廷に連れてくるよう命を出すのですが、その中の最も優れた少年がダニエルでした。
後にダニエルは裁判の守護聖人とされ、シェイクスピアの『ヴェニスの商人』でも名裁判官の例として彼が引き合いに出されてます。

柴犬時計

ダニエルに1票!応援してね!

にほんブログ村 犬ブログ 胡麻柴犬へ

ハチ公検定

検索フォーム

簡易型:わんこの年齢計算機

amazon

ども!

きっとみつかるよ

365 days

みんなのわんこ

おきにいり

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
�ɂ����だにママです。今日、お昼休みに偶然行った書店でCREADogをみつけました。わさおが表紙を飾っている、まるごと一冊犬だらけ!の本です。

わさおやかわいいわんこの写真や記事が満載なのですが、中にとても考えさせられる強烈な記事があります。「不幸な犬を減らすためにできること」。 殺処分される犬たちの、最期のその瞬間の写真まで掲載されている、とてもショックな記事です。こんな光景まで掲載されているとは考えもしなかったので、購入した後歩きながら読んでたのですが、その瞬間が目に入ってきたときは、言葉がでませんでした。でも目を離すこともできず、ただただ嗚咽がこみ上げてきて。。震えまででてきて、急いでトイレに駆け込みました。

保護されて殺処分を受けるその日まで、最期まであきらめずに、迎えが来ると信じている犬たち。無垢な心を映したような真っ白な子犬たちが小さなガラスケースに押し込まれて。。ガスが流されるその瞬間まで、犬たちはあきらめていないのです。ガスがながされてガラスケースが白く曇っていきます。子犬たちは、漆皆がらも、最期の瞬間まで生きようと、何度も倒れまいとがんばっています。でも一頭、また一頭とくずおれていきます。
そしてケースの中で命の灯火が、ひとつ、またひとつと消えていくのです。。

もの言わぬ、動かなくなった彼らの亡骸は、まるでゴミのように、淡々と処理されていくのです。そして、何事もなかったかのように、次の命が消されていく。。

もうだめ。

今これを書いていても泣けて仕方ありません。
でも、これが現実。

殺処分は決して安楽死ではないそうです。最期まで恐怖と苦痛に満ちているのだそうです。助からない命であるならば、どうしてその最期まで恐怖と苦痛を与えられなければいけないのでしょうか。彼らが人間に、一体なにをしたというのでしょうか。好きで野良になる犬はいません。殺されるために生まれてくる命ではありません。

何故こんな悲劇が繰り返されるのか。
どうしてもわかりません。

処分されてしまう犬たちは、野良になった犬たちだけではありません。昨日まで飼っていた犬を、自分勝手な理由で保健所に持ち込んでくる飼い主とその家族!人間の皮をかぶった悪魔です。
殺処分を受ける犬たちの様は、まさにナチスがユダヤの人たちにおこなったアウシュビッツ収容所などでの毒ガス大量殺人と同じです。人間が家を失い、路上生活をしているからといって、とらえられ殺処分されるでしょうか。赤ちゃんが生まれすぎたから、大きくなったからと保健所に持ち込んで処分を頼むでしょうか。(それに近い事件も多々発生していますが。。)

CREADogでは、現実を直視し、では何ができるのだろうかと読者に問いかけています。記事とともに保護犬の受け入れ方や、ボランティアの紹介などもでています。

また、犬の老いについても記事があり、かわいらしさだけにチャラチャラしている愛玩本でなく、この世に人間同様、神様が生を授けた命ある犬たちについて特集をしている本です。

ぜひ、機会あれば書店やネットでこの本を探してみてください。
あまりにも理不尽な現実に、かなりショックを受けてしまいますが、犬の飼い主として、現実は直視すべきだと思いました。
(ただ、今夜は眠れそうにありません。。。。)
stare_danny3_20091019222010.jpg
命の灯を消さないで

関連記事
スポンサーサイト
 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
 
Comment
 

cyobirikoさん、こんにちは。
チョビタンを見ていると、そんな悲しい運命に翻弄されるわんちゃんがいることが、とても信じられませんよね。動物や自然界では、種の保存のための選別や自然淘汰、食物の連鎖、なんてことはありますが、人間のように自己中心的考えや気まぐれや、悪魔のような心根のためにむやみに殺されたりするようなことはないそうです。
いっそ人間より強い存在(宇宙人とか)が現れて、今やってるような残酷なこと、今度は彼らの身に降りかかればいいのにね。

NAME:cfoster | 2009.10.20(火) 16:43 | URL | [Edit]

 

赤い彗星さん、
はじめまして。ようこそいらっしゃいました。
重い内容にコメントを残していただいてありがとうございます。
赤い彗星さんのわんちゃんは、保険所から貰い受けたとのこと、一つの命を助けてくださって、わんちゃんに代わって「ありがとう」を言わせてください。
引っ越すからいらない、だなんてなんて身勝手な人たちなんでしょう。一緒に暮らしたパートナーを、そんなふうに扱えるだなんて信じられません。しかも保健所に持ち込むということは何を意味しているかわかってるでしょうに。
そのわんちゃんは、赤い彗星さんと一緒になる運命だったんですよ。
これからも可愛がってあげてくださいね。

NAME:cfoster | 2009.10.20(火) 16:39 | URL | [Edit]

 

この本、私も買いました。
そして読みました・・・
一生懸命救おうとしている方々がどんなに頑張っても
それに反して残忍なコトをしていく人が多すぎて追いつかない・・・・
胸が締め付けられる思いです。
もう一回ページを開くのが辛くて・・・

NAME:cyobiriko | 2009.10.19(月) 23:38 | URL | [Edit]

 

はじめまして。
だにママさんの気持ちは良く解る気がします。
実は我が家は3ヶ月程前にコリーそっくりなミックス犬を保健所から頂いてきました。
なんでも、元の飼い主さんは「引っ越すから要らない」と置いていってしまったそうです。連れてこられた時は、汚れと毛玉が酷かったそうです。
もう少し、命の重みを解ってほしいですね。
また、覗きに来ます。

NAME:赤い彗星 | 2009.10.19(月) 23:10 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 胡麻柴ダニエル?ワンコなライフ 2, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。